ニューメキシコ 大自然ドライブ  <旅のモデル>

DM-02  ニューメキシコ 魅惑の街と世界遺産 4泊6日ドライブ
発着地  アルバカーキ発/着
ルート  アルバカーキ⇒サンタフェ(2泊)⇒チマヨ、タオス⇒サンタフェ(泊)⇒アルバカーキ(泊)

 【旅程】*

日次 日程
1日目 成田⇒アルバカーキ⇒サンタフェ
午後、成田発の便でアルバカーキへ。
午後に到着し、アメリカ入国手続きを済ませ、空港でレンタカーを借りてサンタフェヘ。
高速25号線を北上し、58マイル/1時間で282号線に降り、モーターインへ。

<サンタ・フェ泊>
2日目 サンタフェ
終日:サンタフェ滞在。
車で市内に入り、”アドビー建築”の美しい町並みを散策。
アメリカ最古の教会サンミゲール、北米最大のマリア像がある聖フランシス大聖堂、”奇跡の階段”で有名なロレットチャペルなど見所満載。
芸術の街でもあるサンタフェ。100を超えるギャラリーが軒を連ねる通り、”キャニオン・ロード”もぜひ訪れたい場所です。
ショッピングやお食事はは、プラザ周辺で。

<サンタフェ泊>
3日目 サンタフェ⇒チマヨ⇒タオス⇒サンタフェ
この日は、世界遺産「タオス・プエブロ・インディアン・マンション」を訪れます。
サンタフェから84号線を北へ走り、88号線に右折して”チマヨ”の村へ。30マイル/45分程度。織物で世界的に有名な村で”チマヨ織”の工房の見学やショッピングが楽しめます。この村には”奇跡の砂”で有名な教会もあります。
チマヨから68号線を北上してタオスへ。この道は古くから”タオスへの道”と呼ばれ、沿道にはスペイン文化を色濃く残す村々があります。
52マイル/1時間半でタオスに到着。
標高2100mの高地にあり、町の中心の広場の周りに、アドビ様式の建物が並び、ギャラリーやみやげ物店が集まっています。
街のはずれに、世界遺産「タオス・プエブロ」はあります。
1000年前と同じ暮らしを続ける先住民の現役の住居です。
帰りりにはサンタフェ近くのリオグランデ川にかかる橋から、雄大な景観を楽しみましょう。
<サンタフェ泊>
4日目 サンタフェ⇒アルバカーキ
午前中に、アルバカーキに向かいます。
466号線を3マイル行き、高速25号線SOUTHへ。62マイル/1時間でアルバカーキに到着です。
この街のオールドタウンも趣があって寄りたい所。一角にネイティブアメリカン・センターがあり、週末には先住民の踊りや歌が披露されます。
午後は西に80km、1時間ほどにある”アコマ・プエブロ”へ。別名”スカイシティ”とも呼ばれ、断崖の台地の上に住んでいる先住民の村を訪ねます。
麓のビジターセンターからガイドの案内で見学します。繊細な模様と形を持つ”壷”が有名です。
宿泊は空港近くのモーターインで。
<アルバカーキ泊>
5日目 アルバカーキ⇒
朝、レンタカーで空港へ行き、車を返却した後ターミナルへ。
午前中に出発の航空便で帰国の途に。
<機中泊>
6日目 ⇒成田
午後、成田空港に帰着。

*

 【概算費用】

*上記内容で2名様で旅行なさる場合の概算費用です。宿泊先や時期により金額は変動しますので、参考金額としてご覧ください。
*具体的な日にちや宿泊先などをご指定いただきましたら、正確な金額をご案内いたします。
☆2017年10月現在☆
 項目 金額  備考
 @レンタカー費用(10%引き) 36,720円  ミディアム・クラスの「おまかせナビ・クーポン」4日間 *(註1)
 A宿泊費用:サンタフェ(3泊) 54,000円  ベストウエスタン・イン・オブ・サンタフェ
 B宿泊費用:アルバカーキ(1泊) 11,000円  ベストウエスタン・リオグランデ・イン
 C弊社企画手配料 15,000円  
 合計費用 116,720円  (2名様の合計です)
(註1)「おまかせナビクーポン」はレンタル料金以外の必要な費用(税金、任意保険、ガソリン1タンク分)が含まれているお得なクーポンです。日本語音声のカーナビ付です。
(註2)ホテル費用は平均的な金額です。時期により高くなる場合もあります。
(註3)ホテル費用はドル建ての金額を1$=100円で換算したものです。
アルバカーキへの航空券の手配もいたしておりますので、ご希望がございましたら料金をご案内します。

  ※クリックでEメールお問い合わせフォームが出ます。

閉じる

*
有限会社シー・エム・ケイ 東京都知事登録旅行業 第3-4273号. Copyright (C) 2006 CMK. All Rights Reserved.